山梨県甲府市塩部の人工透析施設

TEL 055-252-3811

献立紹介

当院では20年以上前から専任の管理栄養士が透析食を調理し、それを患者様にお出しすることによって実践・検討を積み重ねて参りました。そして患者様に透析食を指導するにあたって、内容・味覚共に納得の食事を御提供させて頂くことで普段の生活の中に取り入れて頂けるように努力して参りました。
ここでは、当院の透析レストランで提供している透析食のレシピおよび月々の献立表をご紹介します。

最新レシピNew!

白身魚の菜種焼き

材料 2人分

むきがれい(1切れ70g)

 

《炒り卵》

マヨネーズ

三つ葉

 

片栗粉

 

《ポン酢》

だしわりしょうゆ

レモン果汁

140g

10g

 

 

44g

36g

4g

4g

10g

 

1g

 

 

6g

6g

6g

【1人分の栄養価】
エネルギー 蛋白質 カリウム リン 塩分
259kcal 17.1g 292mg 191mg 0.8g
作り方

《魚の下準備》

【1】白身魚は酒をふりかけて臭みを取る。

《炒り卵》

【2】卵は溶きほぐしてマヨネーズと酒を混ぜ合わせて軟らかい炒り卵をつくる。

【3】三つ葉は2cm幅に切って、色よくゆでる。

【4】【2】の粗熱を取ってから、水気を切った三つ葉を加えて混ぜる。

《ポン酢》

【5】調味料(酢・だしわりしょうゆ・レモン果汁)を合わせて、小皿に入れる。

《魚を焼く》

【6】天板に魚を並べ、油をかけて220℃に温めたオーブンで約5分間焼く。

《仕上げ》

【7】【5】に片栗粉を茶漉しでふり、【4】の炒り卵をのせて、再びオーブンで表面に焼き色がつくまで焼く。

【8】皿に盛り付け、ポン酢を添える。

「透析患者さんのための おいしいごはん手帖」のご案内


透析食はおいしくない、制限が多くて面倒。
多くの方がこのようなイメージを持っています。実際に透析をしている方は、たんぱく質や、塩分、水分、カリウム、リンを摂り過ぎないように気をつけなければなりません。"こんなにたくさんの制限があったら、いったい何が食べられるの?"と途方に暮れてしまいそうです。

しかし、透析食は工夫次第で、おいしく、楽しく、簡単にできる料理に変身します。
塩分控えめでもしっかり味を感じていただけるよう香味野菜や香辛料を使って減塩したものや、制限の範囲内でも満足して食べていただけるよう工夫した献立がいっぱいです。

透析食に苦手意識をもっている透析患者さんやそのご家族の方々の応援団と言える本レシピ集「透析患者さんのためのおいしいごはん手帖」part1、part2を毎日の食事にお役立ていただければ幸いです。

本レシピ集は当院の管理栄養士 標雅子・荻野晴子が日頃から患者さんに提供している献立を元に作成し、中外製薬様にご協力していただき完成いたしました。

  • 作り方のコツや栄養学の豆知識を加えました。
  • 計量スプーンで手軽に計量、調理のスピードアップ!
  • 毎日の料理作りを楽しみましょう♪